美容、ファッションに関する情報まとめサイト

VIOゾーンの脱毛みんなはどうしてる?処理方法とデザイン紹介!

更新日:

脱毛

VIOの脱毛は非常にデリケートな悩みになります。VIOの処理などはなかなか他の人に話を聞くことのできない部分であり、親しくとも触れられない部分の一つと言ってもいいでしょう。

VIOの処理は自己処理か脱毛サロンや脱毛クリニックに通っているかのいずれかになり、デザインなどもサロンやクリニックの場合はテンプレートなどを利用することが多く、自然化形から完全な無毛まで多種多様になっています。

ちなみにV、I、Oとは下記の箇所になります。

VIO
引用元:女性専用エステティックサロンRinRin

 

日本人に向いているデザインとは?

元々のVIOの脱毛は海外での方が主流であり、日本での導入も最初は「ハイジニーナ」という完全な無毛のものが主流でした。

海外ではアンダーヘアは無毛であることが衛生面でも良いとされており、無毛でも珍しくはありません。

温泉などの施設に入る際にも水着などを着用することが多く、人前で裸を見せる文化はあまりないということも若干ですが関連しています。

日本では温泉などでアンダーヘアを見せる機会が多く、完全な無毛では恥ずかしいと考える人がほとんどです。

このことからもVIOの脱毛はIライン、Oラインは完全な無毛にし、Vラインは縮小などのデザインが主流になっているともいえます。

VIOデザイン
引用元:エピカワ

 

Vラインの毛量などを減らし、脱毛で形を縮小していくこともサロンやクリニックでは可能であり、自己処理などで出来ない脱毛が可能になっています。

この際にもデザインはテンプレートなどを準備されることが多く、自分の好みの形を選ぶことになります。

ここで大事なのが脱毛後はVラインはその形で過ごすことを想定することです。

なので、ハート型などのデザインで一生過ごせるかどうか、アンダーの量が不自然な小ささになっていないかどうかなどが大事になってきます。

自己処理でのVIOの脱毛は、脱毛ワックスが主流

サロンやクリニックでの脱毛の時間が取れない人に人気なのが脱毛ワックスになります。

脱毛ワックスはワックスがむだ毛をしっかりとからめ捕り、剥がすことで根元から脱毛ができるようになっているのが特徴です。

サロンやクリニックのように毛根部の破壊などはできないので、時間の経過と共に発毛はしてきますが、VIOが濃くない人の脱毛などの場合は十分に対応ができることや、衛生面の向上といった面からも脱毛ワックスでVIOを脱毛していく人も少なくありません。

VIOの形の維持や無毛を維持したい、と考える場合はサロンやクリニックでの脱毛を視野に入れていくほうがいいでしょう。脱毛ワックスでは物足りないと感じた時も、サロンやクリニックでの脱毛を考えるタイミングと思ってもいいかもしれません。

デザインは担当者としっかりと話し合う

最近のトラブルで多いのがVIOのVラインのデザインになります。これは担当者が奇抜なデザインなどを提案してきて断りきれなかったなどの理由が多く、場所が場所だけにどうにもできないという泣き寝入り状態も出てきているようです。

このような事態を防ぐためにも担当者とデザインはしっかりと話し合うことが大事であり、どうしても断りきれなかった場合などは、サロンなどのコールセンターに連絡を入れて担当者を変更してもらうのも方法の一つです。

Vラインは人前に常に晒す部分ではありません。

ですがその分、デザインや毛量は一般的なものからかけ離れ過ぎたものなどにしてしまうと修正ができない部分にもなります。

ワックスなどの自己処理ならば最終的にVラインのむだ毛は生えてきます。この場合は修正可能と考えておいてもいいでしょう。

ですが、サロンやクリニックでの永久脱毛はその形が固定されることになります。

デザインが気に入らない場合は担当者やサロンなどを変更することも大事であり、今後長くVラインのことに悩むことのないようにすることにもつながる方法の一つにもなります。

形の縮小や毛量を減らす間引き脱毛などもVIOでは一般的であり、デザインで遊ぶよりも永久脱毛ならば無難な形がいいといえます。

-脱毛

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.