ハンド式ファイバレーザ溶接機でのアルミ(A5052)溶込み許容範囲

  1. HOME >

ハンド式ファイバレーザ溶接機でのアルミ(A5052)溶込み許容範囲

当社製品のハンド式ファイバレーザ溶接機【UW-SHシリーズ】を用いて、アルミ(A5052)に対してどの程度の溶込み許容範囲があるのか検証しました。
当社製品をご検討頂いているお客様はご参考にして頂ければと思います。

使用機種及びその他仕様

使用機種 ハンド式ファイバレーザ溶接機【UW-SH1500C(1500W)】
アシストガス 窒素:20ℓ/min
出射角度 20°

検証ワークについて

検証ワーク アルミ(A5052) 30mm×50mm t10mm

アルミ(A5052)出力別溶込みデータ

スキャン条件:LINE1.5mm 150Hz

No. 1 2 3
出力(W) 500 1000 1500
速度(mm/sec) 5
表面拡大画像 LINE1表面画像拡大 LINE2表面画像拡大 LINE3表面画像拡大
溶込み拡大画像 LINE1溶込み画像拡大 LINE2溶込み画像拡大 LINE3溶込み画像拡大
ビード幅(mm) 2.10 2.58 3.24
溶込み深さ(mm) 1.06 2.43 3.66
No. 4 5 6
出力(W) 500 1000 1500
速度(mm/sec) 10
表面拡大画像 LINE4表面画像拡大 LINE5表面画像拡大 LINE6表面画像拡大
溶込み拡大画像 LINE4溶込み画像拡大 LINE5溶込み画像拡大 LINE6溶込み画像拡大
ビード幅(mm) 2.06 2.44 2.99
溶込み深さ(mm) 1.04 2.32 3.53

アルミ(A5052)溶込み許容範囲検証結果まとめ

上記結果から、5mm/sec時で3.66mmの溶込みを得れる事がわかりました。今回の検証では、t10mmの板材にビードオンをした結果となっており、突合せ溶接ではより深い溶込みが得られると考えます。

© 2021 UW JAPAN株式会社