美容、ファッションに関する情報まとめサイト

睡眠は美容に不可欠!美容効果を高める睡眠時間とは

更新日:

睡眠と美容

皆さんは普段睡眠をしっかりとられていますか?

仕事柄なかなか十分な睡眠時間を取れない方や育児や家事、趣味などで十分な睡眠時間を取れない方が殆どだと思います。

実は十分な睡眠をとらないと、老化を促進させ、シワやたるみ、シミの原因に繋がってしまう恐れがあるんです。

寝不足の翌日、肌のはりや状態がよくないな〜と感じる事ってありますよね。

実は美容効果を高める睡眠時間があるんです。

今回は睡眠と美容の関係性をご紹介します。

睡眠が美容に関係している理由

人は睡眠時に、その日に受けたダメージや疲労を回復させています。睡眠の質が悪かったり、時間が足りないと、朝起きた時に疲労感が残ったり、肌の状態が悪くなってしまいます。

なぜ睡眠がしっかり取れてないと肌の状態が悪くなるのでしょうか。

それは寝ている間に肌では「ターンオーバー」というものがおこっています。

ターンオーバーとは、肌の基底層で作られた細胞が徐々に押し上げられ、約4週間かけて一番上の層にいき、役目を終えると剥がれ落ちていきます。

ターンオーバー

引用元:スハダビ

このターンオーバーによって日々新しい肌になっているのです。

ターンオーバーに成長ホルモンは欠かせない

睡眠がしっかり取れていない状態が続くとホルモンバランスが崩れます。

このホルモンバランスが崩れると美肌に不可欠である女性ホルモン(エストロゲン)が減ってしまい、肌も乾燥しハリも無くなります。

そして一番ターンオーバーで重要になる「成長ホルモン」の分泌も減少してしまうと、肌あれ、しわ、しみの原因に繋がってしまうのです。

成長ホルモンの分泌を効率よく行うためには

成長ホルモンはいっぱい寝れば、いっぱい取れるというものではありません。

成長ホルモンは眠りについて最初の3時間ほどの深い眠りの時により多くの成長ホルモンが分泌されると言われています。

睡眠は深い眠りである「ノンレム睡眠」と浅い眠りである「レム睡眠」が交互に繰り返されています。

なので眠りにつく最初の3時間を深い眠りであるノンレム睡眠にすれば成長ホルモンを多く分泌させる事ができます。

布団に入りすぐに寝つく事ができ、朝目覚めた時に疲労感もなくスッキリ起きられていれば良い睡眠が取れたと言えるでしょう。

ノンレム睡眠で寝付く為には

カフェインの摂取に注意!

コーヒー

朝や仕事の休憩時間にコーヒーや紅茶、栄養ドリンクを飲んでリフレッシュをする方は多いと思います。

しかしこれらの飲料にはカフェインが含まれています。

寝る前のカフェイン摂取は眠気を妨げるため、注意が必要です。

カフェインの量にもよりますが、カフェインを摂取した際、覚醒時間は8時間〜14時間と言われています。

これだけ覚醒時間が長いと、夕方辺りに飲んだコーヒーのカフェインが作用し、夜眠れないって事も起こりえるので注意が必要ですね。

またカフェインは利尿作用があるので寝ている最中にトイレで目を覚めてしまう事もあるので寝る前にカフェイン摂取はやめましょう。

寝る前の歯磨き、お風呂もNG

はみがき

歯磨きすると歯茎ぐ刺激され、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が悪くなります。

寝る前のお風呂にも注意が必要です。

人間の身体は眠くなってくると、体の表面の温度が上昇します。そして体の内部の温度が低下すると眠りにつくようになっています。

お風呂に入ると体の内部の温度が上昇してしまい、眠気を妨げる事になってしまいます。

仕事や遊び等で疲れ果ててすごく眠い状態なのに、お風呂に入ったら眠気がなくなったという経験はありませんか。

お風呂は寝る2時間前には済ませるように心掛けましょう。

また体の内部の温度が上昇しすぎないように、ぬるま湯か半身浴をおすすめします。

冷たい飲み物にもご注意を

冷たい飲み物

寝る前に冷たい飲み物を飲んで寝る事って良くありますよね。

蒸し暑い夏の夜は特に飲みたくなってしまいます。

ですがこれも良質は睡眠を妨げる行為になってしまいます。

冷たい飲み物は内臓系を冷やしてしまい、体が内部温度を上げようとしてしまいます。

これによって眠気を抑制してしまう事になってしまうのです。

スマホやテレビの光も眠気を妨げてしまう

スマボ、テレビ

寝る前にスマホやテレビを見る人はかなり多いと思います。

実はこのスマホやテレビの光も睡眠を妨げているのです。強い光は交感神経を刺激し、脳を覚醒させてしまいます。

寝る時に最適な光は月明かり程度と言われています。

まとめ

今回は美容と睡眠の関係性をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「睡眠時間は一日8時間が最適」という説がありますが、実はなんの根拠もありません。

睡眠時間は個人差があり、年齢と共に睡眠時間が短くなっていく傾向にあります。

平均でいうと6時間〜8時間の睡眠が良いと思います。

睡眠で重要になるのは、いかに良質な睡眠が取れているかになります。

美肌効果は当然の事ながら髪質にも良い影響を与えると言われています。

睡眠前にストレッチを行ったり、アロマやお香などの香りを楽しんでリラックスしたりすればより良質な睡眠が取れるかもしれません。

美肌を手に入れるために、是非ご自身の睡眠を見直してみて下さいね。

良く聞く話では、「睡眠は1日8時間必要」と言われていますが、これは何の根拠もない話みたいです。

-生活

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.